2018年08月16日

東京都保育研究大会参加者

忙しい毎日で笑うこと、泣くことを忘れそうになることもあります。
増田さんの演奏には、その忘れがちな感情を想起させてくれるすばらしいものがありました。
気付いたら笑い、気付いたら涙していて…。
とても良い時間を過ごさせていただきました。
ありがとうございました。
posted by Mプロ at 15:06| 企業・自治体・人権

東京都保育研究大会参加者

ヴァイオリンの音だけで、動物やふみきりなどの面白い音にもなり、
感動する音色にもなるなんて、
音楽って本当にステキだなと思いました。
私は 1 年目の保育士ですが、子ども達と一緒に音楽の感性を磨いていきたいと思いました。
ありがとうございました!
posted by Mプロ at 15:06| 企業・自治体・人権

東京都保育研究大会参加者

増田さんの演奏、とても力強くすばらしいものでした。
”あたりまえ“の弾き方にしばられず、会場を盛りあげるステージを見せて頂き、参加させて頂き、
私たち人間は、子ども達は、いろんなことができるはず、いろんなことができる、なれる可能性をもっていると感じ、
私たち保育士はその手助けをしなくてはいけないんだ…と改めて感じました。
posted by Mプロ at 15:06| 企業・自治体・人権

東京都保育研究大会参加者

”見えない“ことはとても不安ですごく怖く感じると思う中で、
生きていく希望を失わずに自分の好きなことを続け、人を感動させることができること、本当にすごいと思いました。
「できない」と決めつけるのではなく「、やってみよう」という姿勢を子どもたちに見せていくことで、
諦めずに粘り強くやり抜く力を子どもたちに身につけていってもらいたいと感じました!
posted by Mプロ at 15:06| 企業・自治体・人権