2012年08月24日

岐阜県福祉芸術祭参加者

半年ほど前からやたらに忙しい状況になり、
自分を見失いそうなアップアップの自分が情けなく精神的に少々疲れていました。
そんな時に、素敵な音との出会い…。干上がっていた心が潤い、
久しぶりにゆったりとした穏やかなひと時・楽しく元気になれた歌。
本当にありがとうございました。10歳になる息子は、知的障害を持つ自閉症児です。多動で落ち着きがないのですが、コンサートでは、席を移動することなく聞き入っていました。きっと楽しい時間だったんでしょう! 音楽が大好きで、生の音をきかせてやりたいと思いつつ、静かにしている事が難しいので行く事が出来ずにいましたが、
福祉芸術祭ということで、思い切っていきました。涙が出るほど笑い、
楽しそうな息子の顔を見て,来てよかったと思いました。
posted by Mプロ at 14:17| 企業・自治体・人権