2012年08月24日

広島県《一期一会コンサート》参加者

太郎さん、今日はハートフルなコンサートをありがとうございました。
ひとつ、ひとつの歌が体中にしみわたっていきました。中でも「浜辺の歌」はひっそりと情愛あふれたレクイエムで涙が流れました。
「花星賛歌」の「星」や「花」はとてもシンプルで限られた命の尊さを力強く伝えてくれました。
「ぼくにはきみがいる」を聞きながら、「きみ」ってどんな人かしら、と考えていました。
同時に、最近主人にやさしくできない自分がいるので、主人にしてみれば「ぼくにはきみがいるんだっけ?」ってな状況だなと反省していました。
帰りに握手した太郎さんの手が白くて華奢なのにはびっくり。思わずハンドクリームを買って帰りました。(笑)
posted by Mプロ at 14:39| 企業・自治体・人権