2012年08月24日

福井県看護学校卒業記念講演ライブ参加者

昨日は、本当に素敵なライブをありがとうございました。
私たち卒業生にとって、昨日は、別れの日でもあり、旅立ちの日でもありました。
増田さんの音楽を聴くたびに、昨日の卒業式を思いだし、仲間や先生のことを思いだし、
私は勇気をもらえると思います。
太郎さんの歌の詩は、とても優しくて、包み込まれるようなあたたかいものでした。一つひとつの言葉、一つひとつの音に、心を込めておられるのだな、と感じました。
母もとても喜んでいました。
私は、友人や家族と離れ、二年間、県外の大学に進学しますが、
「歩み寄る勇気、一歩を踏み出す勇気」をもって、頑張っていきたいと思います。
posted by Mプロ at 14:48| 学校