2012年08月24日

教育委員会主催《人にやさしい学校・家庭・街づくり人権講演ライブ》参加者

日曜日ということもあり主人と子供と3人で伺いました。
娘は8歳でダウン症という障害をもっています。
暗い所と大きな音が苦手で、大丈夫かな?と思っていましたが、
うれしそうに聞いていました。それで安心したのか、最後まで太郎さんの声に聞き入って拍手もいっぱいして楽しんでいました。そのため、私も主人も太郎さんの姿をじっと見つめながら演奏と歌に集中できました。歌も演奏も素晴らしいのはもちろん、その中に温かい心がたくさん詰まっていて曲が終わったとき知らず知らず自分も笑っていて、隣の娘も主人も笑顔でいるので、
気持ちが伝わるってこういう事なんだなって感激しました。 娘の未来を思うと不安だらけですが、太郎さんを見ていて、「なんとかなる!」と主人も「勇気をもらった」と話してくれました。
また、いつか講演ライブに家族で伺いたいです。
posted by Mプロ at 14:56| 企業・自治体・人権